パチンコ 店・パチンコ・パチスロ総合情報Pガイド
Pガイド
HOME 最新機種情報 新機種発表会レポート メルマガ登録 パチンコ店関係者様
メーカー・機種開発 >>一覧
京楽産業.株式会社
企画本部企画部
木村泰大さん

京楽産業.オフィシャルホームページ
http://www.kyoraku.co.jp/
ジャンル
メーカー機種開発
前作「スカイラブ」で好評だった周期チャンスゾーンなどはそのままに、新楽曲の・・。
[記事全文]
おすすめ!ホール
地元のお祭りに毎年参加したり、町内行事にも積極的に参加・・
[記事全文]
ゲーム・情報コンテンツ
「遊びを通じて、人々の心に喜びと情熱を」 DSで大都技研公式パチスロシミュレーターをプレイ!
[記事全文]
景品・キャラクター商品
誰もがホールで流れたあの曲を自宅や車でも聞きたいなぁと感じた事ががあるのではないでしょうか?こちら・・。
[記事全文]
タレント・求人・コンサル
パチンコ業界で働く人やパチンコ業界に転職したい人を応援する転職総合サイト。その他パチンコ新機種・・。
[記事全文]
社会貢献・業界健全化
『自発的に「遊び」に取り組んでいただけることが私たちの楽しみになっています』サミー株式会社は・・。
[記事全文]
ホール設備・デザイン・印刷
サミーデザインでは、ホールやユーザーに対し、多角的なニーズで応える『トータルサービス企業』・・。
[記事全文]
機種情報 クチコミ  
 だけど涙が出ちゃう・・女の子だもん - CRぱちんこアタックNo.1
日本中に一大バレーボールブームを巻き起こした、あのスポ根アニメの名作
「光で涙を表現しよう!」という発想が生まれました。
─ ご存知スポ根アニメの傑作「CRぱちんこアタックNo.1」ですが、どのようにタイアップが決定されたのでしょうか?選定理由などを教えていただけないでしょうか?
 このアニメが放送されたのは今から約35年前なんですが、当時の平均視聴率が約20%という大変高い数字だったんです。一大バレーボールブームが起こるくらい、そのくらい人気があるアニメでした。それに加え、今でも「だけど涙が出ちゃう・・・」なんてセリフや、テーマソングを若い人でも知っているくらい、認知度が高い作品でもあります。
また「冬ソナ」にハマった年代の方の多くは、ちょうど子ども時代に「アタックNo.1」をリアルタイムで見ていた人たちですよね。
「冬ソナ」でパチンコに興味を持っていただけた方たちにも楽しんでいただける、と思ったのも選定理由の一つですね。
─ 開発を進めていく中で、工夫した点苦労した点などあればお聞かせ願えないでしょうか?
 当時のアニメは、今のようにくっきりとした色ではなかったんです。ですので、今風にするために、線をたどって色を新たに塗るなどかなりの量を書き直しました。また声や新しいセリフは出来るかぎり当時の声優さんに演じていただきました。

当時のアニメの映像 書き直した映像
─ 勝てば勝つほどボーナスが続いていく「対決モード」を搭載していますが、対決モードの見所を教えていただけないでしょうか?
 バレーボールの白熱した展開を再現したところですね!バレーボールの試合の熱さを是非パチンコで体感してください。主人公の攻撃パターンになると、勝つか引き分けになります。相手の攻撃だった場合は、残念ながら引き分けか負けになるのですが、逆転パターンで勝つ場合もありますので、あきらめないでくださいね。
 また、対決モード前の大当たり中に対戦相手の紹介があるんですよ。そのチームのキャプテンや必殺技を知ることが出来るので、ファンの方はもちろん、原作を知らない方でも、対戦をより楽しめるようになっています。
─ 液晶画面の右には、存在感のある「こずえ役モノ」を搭載していますが、このユニークな発想はどの様にして生まれてきたのでしょうか?
 実はこの役モノの搭載は早くから決まっていました。
やはりアタックNo.1と言えば「だけど涙が出ちゃう・・・」のあのセリフと、こずえの涙でしょう!(笑) ということで、それをどう表現するかということを話し合い、「光で涙を表現しよう!」という発想が生まれました。

─ 「ダブルアタック」「回転レシーブ」「竜巻おとし」「木の葉おとし」など原作の必殺技を演出に表現していく中で工夫した点など教えていただけないでしょうか?
 必殺技の中で「竜巻おとし」と「第二の竜巻おとし」というものがあるんですが、原作の絵の構成が似ているので、それを「どう違いを出すか?」というところを工夫しました。

色を変えてみたり、技にいたるまでの持って行き方を変えています。

また「アタックチャンス」ではボタンプッシュでどの必殺技にするかを選ぶことも出来ますので、お楽しみに!

─ 大当り中にアレンジした曲が流れるとのことですが‥?

 アレンジ曲はアタックボーナス時の最初の大当りで流れ、更に大当りが続くと、歌有りの原曲を聞くことができます!歌詞も流れますので、是非ホールで歌ってみて下さい(笑)
─ アタックボーナスとレギュラーボーナスの2種類のボーナスを搭載しているとのことですが違いはどのあたりになるのでしょうか?
 実は出玉は殆ど変わりはありません。アタックボーナス時は消化方法が右打ちなので、そういった部分で大当たりした時の気持ち良さを体感して欲しいと思っています。また、レギュラーボーナスのラウンドではアニメのエンディングテーマである「ボン・バ・ボン」が流れ、アタックボーナスでは先ほど紹介した2種類の「アタックNo.1」が流れます。懐かしの名場面や登場人物のプロフィール紹介もあるので、アタックNo.1にどっぷりハマることが出来るのではないでしょうか。
─ 京楽さんお得意の激アツ演出、ゼブラ、ビッグキャラなど出現するそうですが、他にサプライズなキャラクターなど用意されているのでしょうか?
 京楽の代表的なキャラクターの中に、玉入れが得意なあのキャラクターがいますよね? (笑)
そのキャラクターがバレーボールに参戦!
果たしてバレーボールも得意なのか?(笑)
そのキャラが出るとアツいですよ!
他にも色々と用意していますので、楽しみにしてみてください!

あと、大当たり中のプレミアとして11連勝後にはプレミア映像を見ることが出来ます!アニメの最終回で流れたダイジェスト映像が流れるので、懐かしい思い出が甦ってくるのではないでしょうか。

 今回、京楽産業.さんに貴重なお話をお伺いすることができました。本機の一番の激アツポイントである「こずえ役物」。こずえの涙をいかに表現するかに拘り、相当な工夫がなされています。本当に涙が流れているように見え、思わず「上を向いてくれ!」と祈っちゃいます!他にも原作の絵をパチンコ用にクッキリ見えるように書き直しをしたりと、プレイヤーをアタックNo.1の世界に誘う様々な工夫がなされています。本機を一度プレイした方は、いつの間にかアタックNo.1の世界観にどっぷりとハマリ、思わずこずえを応援しちゃってるのではないでしょうか?

(C)浦野千賀子・TMS (C)KYORAKU

開発秘話インタビューを見て、「思ったこと」「感じたこと」「機種への要望」「こんなことを聞きたい」などなど、
パチンコ・パチスロファンの皆さんで盛り上がってください。この掲示板は、各メーカーの方も見ているので皆さんの意見が次機種に採用されちゃうかも!?

>>クチコミ掲示板


ホール責任者の方へプライバシー免責事項と著作権(ご利用上の注意)会社概要

「iモード」及び「i-mode」ロゴはNTTドコモの商標・登録商標です。「EZweb」ロゴはKDDIの著作物です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo!Inc.の登録商標または商標です。
SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
全国パチンコ店・パチスロ店情報検索Pガイド(ピーガイド)で使用する盤面、筐体画像等は各パチンコ、パチスロメーカー様に帰属します。
「P-GUIDE」及び「Pガイド」は株式会社エクスラントの登録商標です。

2004-2008 Copyright P-GUIDE.com