パチンコ 店・パチンコ・パチスロ総合情報Pガイド
Pガイド
HOME 最新機種情報 新機種発表会レポート P-GUIDEニュース パチンコ店関係者様
メーカー・機種開発 >>一覧
京楽産業.株式会社
企画本部企画部
木村泰大さん

京楽産業.オフィシャルホームページ
http://www.kyoraku.co.jp/
ジャンル
メーカー機種開発
SNKプレイモアが、パチスロ業界参入第一弾として発売した「メタルスラッグ」・・・
[記事全文]
おすすめ!ホール
地元のお祭りに毎年参加したり、町内行事にも積極的に参加・・
[記事全文]
ゲーム・情報コンテンツ
「遊びを通じて、人々の心に喜びと情熱を」 DSで大都技研公式パチスロシミュレーターをプレイ!
[記事全文]
景品・キャラクター商品
誰もがホールで流れたあの曲を自宅や車でも聞きたいなぁと感じた事ががあるのではないでしょうか?こちら・・。
[記事全文]
タレント・求人・コンサル
1ヶ月500円で、中古機のトレードから消耗品、果ては求人情報まで扱えるという「Pマダン」。サイトを・・。
[記事全文]
社会貢献・業界健全化
『自発的に「遊び」に取り組んでいただけることが私たちの楽しみになっています』サミー株式会社は・・。
[記事全文]
ホール設備・デザイン・印刷
サミーデザインでは、ホールやユーザーに対し、多角的なニーズで応える『トータルサービス企業』・・。
[記事全文]
機種情報  
ファンが望んだ名場面を数多く採用  ― CRぱちんこ冬のソナタ2
打てば打つほど新たな発見、楽しみ方が出てくる冬のソナタの第二幕
「ドラマの世界に浸りながらドキドキしていただけたらと思います」
─ 前作から2年の時を経て復活した「ぱちんこ冬のソナタ2」ですが、その開発はいつごろから始まったのですか?
冬のソナタ2の筐体。雪のように煌く白を基調に、淡いピンクが彩られている。
前作の「ぱちんこ冬のソナタ」が登場して半年ほど経った2006年の10月頃から開発が始まりました。
冬のソナタは当初は1作で終了する予定だったのですが、登場から半年経ってもファンのみなさんから高いご支持をいただき、また続編を期待される声もたくさんいただいたこともあり、「2」を開発することにしました。
─ 人気機種の続編ですし、かなり気合も入っていたのではないでしょうか。
そうですね。「期待以上のものを作ろう!」という意気込みでこの「ぱちんこ冬のソナタ2」を送り出しています。演出面、スペック面、細かい調整もかなり行っていますよ。
─ スペック面では大当り確率が前作の1/317から1/299.13へと当たりやすくなりました。 確変突入率が約63%となっていますが、この辺についてはいかがでしょう?
やはりファンの方は予告やリーチなどの演出をたくさん見たいだろうということもありましたので、大当り確率は前作より当りを多く体験していただけるように確率を高くしてあります。
─ 「学生モード」「大雪モード」「10年後再開モード」「マルシアンモード」「タロットモード」「ミニョンモード」など様々なモードを搭載していますが、それぞれの特徴をご説明下さいますか?
それぞれ簡単に説明させてもらいます。

【学生モード】
ドラマ初期の学生時代をモチーフにしたモードです。冬のソナタの中で学生時代を描いているのは全20話中、1話から3話だけなんですが、学生時代は印象的なシーンが満載で数多くのファンから愛されています。
演出面では、ステップアップやリーチが学生時代のシーンになりますね。

【大雪モード】
チャンス目などから突入する激アツのモードで、大雪の中、ユジンがチュンサンを探し求める演出が続けば続くほどチャンスとなります。

【10年後再開モード】
前作や今作でも登場する「入院モード」の学生時代バージョンです。サンヒョクとの束の間の幸せの中、波乱のドラマが起きるかも・・・。

【マルシアンモード】
ミニョンとキム次長のオフィスで展開されるモードで、キム次長のコミカルな予告がある等、ユニークなモードになっています。オフィスにミニョンがいればチャンスです。

【タロットモード】
ユジンの上司であるチョンアさんのタロット占いが予告になっているモードです。タロットの種類によって期待度が変わったりします。

【ミニョンモード】
確変の期待も持てるチャンスアップのモードです。前作ではなかなか見ることのできなかったミニョンのシーンがたくさん出てくるお楽しみモードになっています。
新たに加わった様々なモード。左から「大雪モード」「タロットモード」「ミニョンモード」
─ 今回では最激アツの予告の色がゼブラ柄以外に加わるとのことですが。
あー・・・すみません。これはまだノーコメントでお願いします。(笑)
いろいろとプレミアも用意されていますので、そのあたりはご期待ください!

─ 前作でファンの心を鷲掴みにしたポラリスやハートランプがパワーアップしたとのことですが?

ハートランプがでれば胸がドキドキ!?
前作でのポラリスも大変好評をいただいていたのですが、 今作のメガポラリス役物は回って光るだけでなく、揺れたり液晶画面に飛び出したりします。
ハートランプは液晶画面の周囲がハート型になっていて、盤面全体でドキドキの演出を盛り上げます。
─  また樹氷ギミックや雪だるまギミックなども追加されましたが、その辺のアツさをご説明下さい。
ステップアップのような形式になっていて、ステップが進むほど信頼度の高いリーチに発展する可能性が上がります。雪だるまの役物はキスをすると、赤く光ったりするなど、かわいいギミックになっています。
新たに加わったギミックを堪能しよう!
─ 新たなリーチも多数加わっていますが、その見どころは?
今作から加わった名シーン。そのうちのひとつ「雪遊びリーチ」。
そうですね〜、見どころはもう全部おすすめです!(笑)
画像ROMの容量が前作の4倍になっているので、前作では容量の関係で入れられなかった名シーンをたくさん追加しています。

冬ソナファンのサイト等も見ながら、どのシーンがファンに受け入れられているのかというのも研究しながらシーンを選びました!
リーチ中はドラマの世界に浸りながらドキドキしていただけたらと思います。
─ 大当り中に日本語と韓国語を選択できるバイリンガル機能があると聞きましたが、その意図は何かあるのでしょうか?
ドラマで吹き替え版も見られた方も韓国語版を見られた方も納得していただけるようにと採用しました。
どちらも良さがあると思いますので、ぜひ両方とも見ていただきたいと思います。
─ 京楽さんお馴染みのP-フラッシュですが、何でも今作では「キュイーン!」とは異なる音が鳴るようですが?
うー・・・ん、これもノーコメントでお願いします!
実際にプレイしてみてのお楽しみということで。(笑)
─ こちらも京楽さんお馴染みの「裏ボタン」ですが、あるかないかだけでも教えていただけますか?
ノーコメント・・・と言いたいところですが、これくらいなら。もちろん、ございます!
ですので、いろんな場面で押していただいて、探してみて下さい。
─ 暖かくなってきましたが、アツイ冬はこれからですね。最後にファンに一言お願いします!
大ヒットした前作よりも演出数、クオリティともに高くなった本機。打てば打つほど新たな発見ができるはず!
「ぱちんこ冬のソナタ2」は、ぱちんこファンの方はもちろん、冬ソナファンの方にも前作以上に楽しんでいただけるように工夫を凝らしましたので、是非ホールに足を運んでいただいて、冬ソナの世界を堪能して下さい!

また、本当にたくさんの演出を盛り込んでいますので、打てば打つほど新たな発見、楽しみ方が出てくると思います。是非たくさん打っていただければと思います。
京楽さんの代名詞ともいえる機種の一つ、「CRぱちんこ冬のソナタ」の後継機種として登場した『CRぱちんこ冬のソナタ2』ですが・・・スペックの調整や、画像ROMの大幅な容量アップ、ファンの意見を取り入れての演出・モードの追加と、数多くの調整・改良が行われています。
中でも、ファンから人気の高い「学生モード」の演出が大幅に増えているようで、あの淡い初恋、雪だるまのシーンなどが楽しめるようになっているのは大きいと思います!雪だるま役物と連動したステップアップも見ものですね!
ぱちんこファンだけでなく、冬ソナファン・ぱちんこ初心者の方でもより楽しめるように作ってあるとのことですので、ホールで見かけた際には、是非とも一度体験してみてはいかがでしょうか?
お忙しい中、ありがとうございました!

詳しい機種情報は「こちら」からどうぞ!

©KBS Media/Pan Entertainment All Rights Reserved.
(C)KYORAKU

パチンコ・パチスロ攻略情報館 開発秘話インタビューを見て、「この機種打ちたい!」と思ったら、「攻略情報館」へ!!!

>>CRぱちんこ冬のソナタ2 攻略情報
>>メーカー・機種開発一覧へ
>>ページトップへ


ホール責任者の方へプライバシー免責事項と著作権(ご利用上の注意)会社概要

「iモード」及び「i-mode」ロゴはNTTドコモの商標・登録商標です。「EZweb」ロゴはKDDIの著作物です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo!Inc.の登録商標または商標です。
SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
全国パチンコ店・パチスロ店情報検索Pガイド(ピーガイド)で使用する盤面、筐体画像等は各パチンコ、パチスロメーカー様に帰属します。
「P-GUIDE」及び「Pガイド」は株式会社エクスラントの登録商標です。