パチンコ 店・パチンコ・パチスロ総合情報Pガイド
Pガイド
HOME 最新機種情報 新機種発表会レポート P-GUIDEニュース パチンコ店関係者様
メーカー・機種開発 >>一覧
株式会社西陣
商品開発室 O氏

オフィシャルホームページ
http://www.nishijin.co.jp/
ジャンル
メーカー機種開発
SNKプレイモアが、パチスロ業界参入第一弾として発売した「メタルスラッグ」・・・
[記事全文]
おすすめ!ホール
地元のお祭りに毎年参加したり、町内行事にも積極的に参加・・
[記事全文]
ゲーム・情報コンテンツ
「遊びを通じて、人々の心に喜びと情熱を」 DSで大都技研公式パチスロシミュレーターをプレイ!
[記事全文]
景品・キャラクター商品
誰もがホールで流れたあの曲を自宅や車でも聞きたいなぁと感じた事ががあるのではないでしょうか?こちら・・。
[記事全文]
タレント・求人・コンサル
1ヶ月500円で、中古機のトレードから消耗品、果ては求人情報まで扱えるという「Pマダン」。サイトを・・。
[記事全文]
社会貢献・業界健全化
『自発的に「遊び」に取り組んでいただけることが私たちの楽しみになっています』サミー株式会社は・・。
[記事全文]
ホール設備・デザイン・印刷
サミーデザインでは、ホールやユーザーに対し、多角的なニーズで応える『トータルサービス企業』・・。
[記事全文]
機種情報 攻略情報  
Wバトルシステムで勝利を勝ち取れ!─CR交響詩篇エウレカセブン
ファン納得の演出を採用!新たなパチンコ機の形
「こんなに良いアニメがあるのだと知ってもらいたいですね」
─ 2009年第1弾として「CR交響詩篇エウレカセブン」が登場することとなりますが・・・・・・まず初めに、タイアップに至る経緯についてお聞かせいただけますか?
大人気アニメとのタイアップとなる本機。
 2005年4月よりTV放送が始まり、そのころから「これは絶対にパチンコにしたい」と考えておりました。
ストーリー、アニメーション、話題性・・・・・・何より、エウレカセブンという世界観が私たちが目指す「パチンコ」そのものだと感じたからです。

 そこから構想、企画が始まりまして・・・・・・バンダイ様、BONES様のご協力を得て、ここに完成しました。かなりの自信作でございます。
─ 国内外を問わず人気の高い「エウレカセブン」とのタイアップともなれば、原作者(BONES)の方々と入念な打ち合わせもあったのでしょうか?
BONES様には大変お世話になりました。
たくさんのアドバイスをいただき、製作させていただきました。内容はお墨付きです!
─ 演出などでは、声優さんによる録り下ろしの声が使われているそうですが……?
 その通りです。全て撮り下ろし致しました。特にパチンコでしかない台詞は、是非聞いてください。
エウレカの「おめでとう」ぞくぞくしてきます。・・・・・・すみません私だけですかね。(−−;)

 また、展示会の際にアネモネ役の小清水亜美さんが言った台詞「ドル箱を用意してっ!」もぞくぞくすると思います。なかなか聞けないかもしれませんが、是非とも聞いてみていただきたいです。
パチンコならではの台詞に注目!
─ そういえば、プロモーションビデオもかなり力が入っていましたよね。
 ご覧いただけましたか。(笑)
DVDのナレーションに、ホランド役の藤原啓冶さんにお願いしたのですが・・・・・・流石プロ、よどみなく進んでいました。

 また、ナレーション自体は「ホランド」ではなく「藤原さん」としてすすめていたんですが、だんだんと藤原さんもノってきて、どんどん感情がこもってきたんです。特に、レントンとエウレカの名前を呼ぶシーンに、すごく心がこもってると思います!

─ 盤面中央に「ニルヴァーシュ役物」が採用されていますが、デザイン・設計に関するお話を伺ってもよろしいですか?

 まず始めに数十種類の盤面デザインを行った後、その中から3種類に絞って盤面を製作ました。
そして、演出とのリンクを優先的に考えた結果、現在お披露目させていただいているこの盤面と相成りました。

 映像とのリンクは、いまや必須です。その上で、エンドユーザーに驚きをもたらすために役物動作のスピードにこだわりました。ニルヴァーシュ役物を速く動かすには苦労しましたが、ニルヴァーシュ役物落下では驚きと期待感で一杯になるはずです。
役モノが液晶とリンクする事で、ニルヴァーシュが姿を現す!

─ 演出面に関してお伺いいたします。「コンパクドライブ役物」と絡んだ、本物連続予告というものを搭載されているそうですが・・・・・・こちらについて、詳しくお聞かせください!

 実は、開発途中まで「擬似連続予告」を主体とする演出になっていました。しかし、新しい演出を追求した結果、「本物連続予告」を主体としたゲーム性に重きをおきました。記憶表示を使った「本物連続予告」は、擬似連続予告以上の熱さがエンドユーザーに伝わること間違いなしです!

 演出内容ですが、信頼度は色で表現しています。青<黄色<赤<レインボーの順です。
もちろん色が途中で変化するサプライズ演出も用意してありますよ。
新しい演出を追求した結果、誕生した「本物連続予告」。

─ 大当たり終了後の「ダブルバトルシステム」では名前の通り2種類のバトルが搭載されているとのことですが・・・・・・?

ニルヴァーシュvsジエンド、攻撃するのは・・・?
はい。リーチ後に、演出型と参加型の2つのバトルに分かれます。

演出型は、ニルヴァーシュの勝利を祈って下さい。
熱くなるポイント4つは、

1.どっちが攻撃するか? 
2.攻撃をかわすか? 
3.攻撃を受けて耐えるか? 
4.やられて「エウレカ」が助けてくれるか?


プッシュボタンを最大限に生かした演出!
参加型は、エンドユーザーが倒す!というものです。
プッシュボタンをとにかく連打!連打!
頑張って、倒すことが出来れば…!

もちろん、勝利を確信する予告は多数ご用意いたしました。毎回新鮮な発見があると思いますよ。

─ 「幻想モード」では、「春華探し」「そよか探し」を思わせる演出が繰り広げられていきますが……「幻想モード」中の特徴や、アツい演出などについてお教えください。

 幻想モードとは、コーラリアンの中の世界で・・・、と原作の説明になっちゃいましたね。(^^;)

 原作の中の世界観を取り入れて、「エウレカを探す」ゲームです。レントンはこんなにも、エウレカを愛していたのか?ということが感じられるモードですね。
 ここでの見どころは、エウレカを必死に探す、レントンの行動です。「エウレカ、エウレカ、エウレカ、エウレカ、エウレカ、エウレカ」とひたすらに名前を呼ぶシーンが出てくれば超激アツです!
エウレカを必死に探すレントン。そんな彼の想いが伝わってくる演出も必見!

─ バトルスペックにした狙いについてお聞かせいただけますか?

 パチンコのエウレカセブンでしかない、演出が欲しかったというのがあります。バトルスペックにすることで、原作ではない映像をエンドユーザーに楽しんでもらえると考えました。

─ 3曲の収録楽曲がありますが、それぞれの流れる条件に関してお教えください。

 連荘回数で楽曲が変わっていきます。「DAYS」は初当り、「sakura」は○連荘以上、「少年ハート」は○連荘以上で流れます。
 詳しい数字に関しては・・・・・・実際に打ってみて、確かめてみてください。(笑)

─ 原作には他にも印象的な楽曲がありましたが・・・・・・?上記の3曲は鉄板だとして・・・・・・「秘密基地」「STORY WRITER」あたりは是非入れて欲しかったところです。

 個人的には「秘密基地」最高です・・・・・・!
【どうしてこれが〜つかえ〜ない〜 それが〜悔しかった〜】(例のメロディで)
って感じでした。
 本当に入れたかったんですが、「パチンコで使用する=高揚感が必要」ということで、「DAYS」「少年ハート」「sakura」の3曲を選びました。できることなら音源全部使ってみたかったですね。
(容量の問題もありますが)

─ 全回転リーチでは、劇中屈指の名場面が流れますが・・・・・・印象的なシーンが多い「エウレカセブン」では、選ぶのにかなり苦心されたのでは?

 その通りです・・・・・・!
エウレカセブンは名場面が多くあり、その中で何を選ぶか悩みました。そして、取った行動は、社内での投票制を行いました。結果はエンドユーザーも納得してくれる結果になったと思います。エウレカセブンの世界観を伝えられるベストな選択になっていると思いますよ。
あの感動のシーンがパチンコでよみがえる!!

─ 他におすすめ演出はございますか?また、オリジナル・書き下ろしの演出などはあるのでしょうか?

 個人的には・・・・・・そうですね。原作で、大きなトラパーが来たときに、みんなが騒ぐシーンがあります。トラパーを大当りに見立てて、赤図柄が揃う演出は格別です!
 それと、サッカー予告でしょうか。原作でも印象的だった、サッカーシーンが予告となっています。

 オリジナル・書き下ろしですが、バトルモード中は全て書き下ろしになっています。ニルヴァーシュとジ・エンドがバトルする設定は原作通りですが、その映像はパチンコでしか見ることが出来ませんよ。

─ 特定条件を満たすことで、プレミアムラウンドが発生するとのことですが・・・・・・?

はい。「敵対していたアネモネが・・・・・・」の映像が入っています。原作では、アネモネが自分の本心に気付いていくようなシナリオになっているように、 パチンコでもバトルを通し本心に気付いていく・・・・・・このあたりからお察し下さい。(笑)
特定の継続回数の大当り時には、プレミアムラウンドが!?

─ そういえば、来年のゴールデンウィークには劇場版が公開されるとのことですが…?

 はい!もうひとつの恋の物語として劇場映画「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が公開される予定です!今後の展開をお楽しみにお待ち下さい♪

─ 気が早いかもしれませんが、次機種、次々機種の構想などはすでにあるのでしょうか?(笑)

 ひ・・・・・・み・・・・・・つ、ということで。エウレカファンからのラブコールをお待ちしていま〜す。

─ 最後に、ご覧いただいた方へアツいメッセージをお願いいたします!

 開発者一同、「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」を合言葉に掲げ、ホールで皆様が「このシーンは・・・・・・」という笑顔で会話するのを糧に開発に取り組みました。
 交響詩篇エウレカセブンを知らない方、もちろんエウレカファンの皆様も、多いに楽しめ、感動できる機械になっております。また、パチンコをやってる方にも、やらない方にも、こんなに良いアニメがあるのだと知ってもらいたいですね。

 それと、今回新しい試みとして「ウェブラジオ」なるものを放送します。
エウレカファンや、パチンコファンへの熱いエールを、エウレカとレントンがお送りします。
詳細は西陣ホームページまでお願い致します!
 2005年、私はちょうどこのアニメを見ていたのですが、音楽・アニメーション・アクションシーン……どれをとっても非常に高いクオリティで描かれている作品だと、感動していた覚えがあります。そして、今回のパチンコ化に当たって非常に高い期待と共に、「どんな機種に仕上がるのだろう?」という不安も抱えていました。
 ですが、発表会で実機に触れて、プロモーション映像を見て。あっという間に不安は吹き飛びました。名場面がきちんと押さえられて、ファンに人気の楽曲もしっかりと収録されており、世界観もしっかりと演出に組み込まれていて、「まさにこれはエウレカセブンのパチンコ機」としみじみ感じたものです。パチンコオリジナルの演出や、初のダブルバトルシステム、インパクト抜群の役物などなど、メーカー開発者の方々も愛を持って製作されているのだと強く感じることが出来ました。
 お忙しい中ご対応いただきまして、ありがとうございました!

©2005 BONES/Project EUREKA・MBS
©NISHIJIN

開発秘話インタビューを見て、「この機種打ちたい!」と思ったら、「攻略情報館」へ!!!

>>CR交響詩篇エウレカセブン 攻略情報
>>メーカー・機種開発一覧へ
>>ページトップへ

ホール責任者の方へプライバシー免責事項と著作権(ご利用上の注意)会社概要

「iモード」及び「i-mode」ロゴはNTTドコモの商標・登録商標です。「EZweb」ロゴはKDDIの著作物です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo!Inc.の登録商標または商標です。
SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
全国パチンコ店・パチスロ店情報検索Pガイド(ピーガイド)で使用する盤面、筐体画像等は各パチンコ、パチスロメーカー様に帰属します。
「P-GUIDE」及び「Pガイド」は株式会社エクスラントの登録商標です。